車、バイクのことならRUNROADにおまかせ!

車・バイクの起源
車関連用語集
バイク関連用語集
バイク基礎知識
コンテンツメニュー
中古車メリット・デメリット
中古車の選び方
中古車購入の流れ
バイク買取の流れ
車・バイクを高く売る方法

バイク買取

トップページ  > バイク買取の流れ

バイク買取の流れについて

バイク買取を依頼する前にまずは下調べをする

買取を依頼する前に、自分のバイクがどの程度の相場であるかを確認することが大切です。
バイクを買取、もしくは下取してもらう場合は、いきなり査定に来てもらう前に大まかな査定額を調べておくことにより、買取時に査定士の算出した見積額の妥当性を判断することができます。

バイクの売り先を考えよう

バイクを買い換えたり、不要となったバイクを処分したい時に悩むのは、バイクの売り先、相手。バイクをどこで買い取ってもらうかという問題が必ず出てくるでしょう。バイクの売り先には、以下のようにいくつかの選択肢があります。

  • バイクショップ
  • 個人売買
  • ネットオークション
  • バイク買取業者
  • 下取り

売る前に事前に色々調べて売り先を考えましょう。

バイク買取業者を選ぶ際のポイント

バイクを売る場合は、バイク雑誌やインターネット検索でバイク買取業者を探す場合が多いと思われます。いざバイク買取業者を決めようとすると、あれこれ悩むことが多いでしょう。どのような条件で売りたいかと考えると、とにかくバイクを一番高く買ってくれそうなところに買取をお願いしたい。答える方がほとんどだとでしょう。
しかし、査定金額だけに目を奪われ、バイク買取業者の選択を誤ると、思っても見なかった損をしたり、想定外のトラブルに遭遇する可能性もあります。
長年愛用してきた大切バイクを手放すのですから、やはり信頼度が高く、安心して取引ができるバイク買取業者を選びたいですよね。

バイク買取の査定を依頼する時の留意点

バイク買取業者に査定を依頼する場合は、電話での予約が必要になります。(ただし、買取業者によって異なります。)
場所によっては当日に来てもらえることもあったり、遠隔地に住んでる場合の人は、日数がかかってしまうこともあります。
ここで査定の予約をする際に気をつけて欲しいのは時間です。査定士は、バイクの状態を見て、実際にエンジンをかけてみる必要があります。なので、早朝や夜間だと近所迷惑になる可能性があるので、その点を考慮した上で予約を入れましょう。

バイク買取の査定時に必要なもの

バイクを売却する際にはいくつかの書類等が必要になります。
書類が用意できていなかったり、書類に不備がある場合は、買取査定当日に買取が出来ない場合があります。

  • 125cc以下の場合は、「標識交付証明書」
  • 125〜250ccの場合は、「軽自動車届済証」
  • 250cc以上の場合は、「車検証」

有効期限が切れていないか確認しておきましょう。いずれもバイクの買取、売却にとても大事な書類です。盗難、紛失に備えてコピーをとっておく事も基本でしょう。

自賠責保険納入証明書

保険会社より発行される自賠責保険の加入証明書のことです。保険の期間が切れていないか確認しておきましょう。

実印

役所に登録してある登録印が必要です。

身分証明書

免許証、パスポート等の身分を証明できるものが必要になります。

車検証と自賠責証は必須です。他にも売買成立の際には免許証などの身分証明書や印鑑などが必要となってきます。
ノーマルパーツ・カスタムパーツなどがある方はそちらも用意しておきましょう。
車検証を無くしてしまったという人は、買取業者に再発行の手続きを代行してもらうことも可能ですので、あらかじめ買取業者に相談してみましょう。
既に廃車手続きをしてしまったバイクで、廃車証明書がない場合は再発行が難しく、最悪の場合は買取できない場合もあります。廃車証明書を発行したバイクは役所に書類などのデータが残っていないので、廃車手続きをされている場合は、書類をなくさないよう注意が必要となってきます。

 

査定士との交渉

査定に際しては、査定士から質問を受ける場合もあります。正直に答えるようにしましょう。査定にマイナスとなるような事柄でも隠し立てしても相手は査定のプロなので結局はバレテしまいます。

バイク買取の契約成立後の留意点

価格交渉がまとまり、売買契約まで至った場合は、バイクの引渡しと買取代金の受け取りとなります。その場で全額現金で受け取るようにしましょう。

分割して振り込むという業者もいるそうですが、トラブルの原因につながるかもしれないので注意しましょう。
買取の契約が成立した際には名義変更手続きが行われます。通常、買取手続きは車輌を販売して1週間〜10日ほどで完了し、その旨が記載された書類が買取店より返送されてきます。ただ、時期によっては少し手続きに時間がかかってしまう場合もあるようです。
バイクの重量税がかからないように、年度が変わる直前の3月に名義変更や廃車手続きを行う人は多く、3月は陸運局がもっとも混雑する時期なのです。この時期に車両を売却する場合は少し余裕を持って連絡することをおすすめします。

Last update:2017/3/30